エレキギター、技術はもちろんだけど、まずは気に入るアイテムを選ぶこと!

高校生のころ、自分の女バンドを結成し、エレキギターを新しく買うことにしました。家庭教師の先生から譲ってもらったレスポールを使っていましたが、はっきりいって、壊れていたのです。弾いているうちに、チューニングがどんどんずれてくるのです。下手なうえに、これでは話になりません。自分のエレキギターは、甘えてますが、高校生だから親からお小遣いをもらい、2万円くらいで買おうとしました。同級生の実にギターの上手な男子と一緒に、お茶の水の楽器やへ行き、アドバイスを受けながら選ぶことにしました。デザイン的に派手なようなギターが欲しかったのです。ギターを持つこともひとつのファッションです。

自分でペイントするのもありですが、自分の技術がそこまで及んでないなあと思っていました。でも、エレキギター売り場を見ているうちに、黒で白いラインだけが縁取りのストラトキャスターが、とてもおしゃれだと見えてきました。ギター自体はシンプルで、しかも黒で引き締めて、派手にする部分は自分のファッションや、髪の毛の色でカラーを取り入れた方がよいかなと感じてきたのです。1本だけのギターですと、長く飽きの来ないものの方が妥当ですしね。それでも黒好きの私ですから、黒はとてもかっこよかったので、とても気に入って購入しました。

ただ一つの難点は、そのモデルはとても重かったのです。音のヘビーメタル用の、すごく重い音が出ます。楽器に負けないようなパフォーマンスをしたいが、重いとなかなか疲れます。その当時は、ギターにも重さがいろいろあるとは、気づかなかったので、どうにもならなくて。楽器買取をネットで売却しました。