楽器買取に売却するときは何件もあたることで査定額がアップする

高校生の頃、ギターを弾いてみたくてバイトしてお金を貯めてギターを買いました。当時、椎名林檎さんの音楽が大好きで、「ギブス」のPVで使用されたリッケンバッカー620を15~16万で購入しました。最初の頃は毎日練習していましたが一向に上手くならず、バンドを組んで披露するわけでもなかったので2年くらいで挫折して全く弾かなくなってしまいました。その後、バンドにヴォーカルとして誘われ現在も活動していますがギターは封印したので弾かなくなって10年は触るでもなくオブジェと化していました。

昨年、部屋の模様替えを機に服や家具などを売却して整理していたのですが、自分はもうギターを弾く機会はないと思ったので思い切って売却することにしました。どこに売ろうか迷ったので、楽器買取ネットで何軒かに査定をお願いしました。

リッケンバッカーの状態は、使用歴2年、購入してから12年、キズはほとんどありませんがケースから出して飾っている時間が長かったので縁の白い部分の色がくすんでいました。音も問題なくでる状態でした。

1軒目のリサイクルショップでは3000円と言われ、価格に納得出来なかったのでその価格では売らない事にしました。

2軒目の楽器買取屋ではアンプとセットで8000円と言われました。

3件目はネットの楽器買取の専門店で3万5000円と言われました。

この値段で売却を迷いましたが、一旦持ち帰りバンドメンバーに相談してから売却することにしました。するとバンドメンバーの横の繋がりで、リッケンバッカーを弾いてみたいギタリストがいると紹介してもらい、気に入ってくれたので5万円で買ってもらいました。この事で新たな繋がりも出来て、ギターも大切にしてくれているので結果的に大満足です。ギターも新しいオーナーさんに大切にされて喜んでいると思います。

楽器買取屋に行くよりも友人のツテのほうが高値が付くことをしりました。

新しい機材を買うためにギターを売却、ネットの楽器買取にしておけば

5年ほど使用していたレスポールのギターを、他に持っているギターに使うエフェクターの購入資金にするため、売却したことがあります。今思えば、楽器屋さんや、中古ギターの専門店や、ネットの楽器買取で複数に持っていった方が査定価格は高くなったのかなと思いますが、それほど丁寧に使っていたわけでもなかったので、近くのリサイクルショップに持ち込みました。

もともと人気のブランドですが、購入価格は100,000円を切る程度で、新品で買ったときにも、そこまで高いラインのギターではありませんでした。それでも30,000円程度にはなるのではないかなと思っていましたが、査定価格は10,000円だと言われてしまいました。ピックガードのケズレが多かったことや、比較的よく持ち込まれる種類のギターであること、使用感がかなりあったこと、色がブルーであまり人気がなかったことなど、さまざまな理由が重なって、査定価格は大きく下がってしまいました。

理由を教えていただき、納得して売却しましたが、今思えば値段を下げる言い訳だったのではと。査定に持ち込む前にある程度磨いたり、また日ごろの使い方にもう少し気をつかっていたりしていたら、また査定の結果は違ったのかもしれないとは思いました。やはりネットの楽器買取サービスを利用したほうが良いという話を友人から聞きました。

結果的に、そのお金で買いたかったエフェクターを買って、今メインで使用しているテレキャスターの音の幅が広がったので満足していますし、いい選択だったのではないかなと思います。

息子の代わりに楽器買取屋で売却、5000円に

息子が学生時代バンドを組んでおりギターを弾いていました。しかし就職してから実家を出て一人暮らしを始めてギターを家に置いて行きました。ギターをいずれ息子が弾くかもしれないと思い弦をゆるめておいたり湿気が来ないように気を使っていました。ギターを置きっぱなしの状態で一年経ってから、息子がギターをもう弾かないので買い取りに持って行って売って欲しいと連絡がありました。

楽器を買い取ってくれる店を探して家から少し遠かったので、まずは電話をしてギターを買い取ってくれるかを聞いてみました。しかしギターの使用年数を聞かれたので3年ほど使っていたことやギターの状態は良いことを伝えました。おそらく買い取り可能であることを告げられたので、楽器買取のお店にギターを持って行きました。

お店の人が査定をしている間お店に売られている楽器を見ていました。査定は10分ほどで終わり、5千円の査定額が付きました。ずっと使っていなかったギターなので5千円の査定額に納得して買い取りをしてもらいました。息子に5千円の査定額だったことを伝えると満足していました。家に置いたままでは、ギターも傷んでしまいますし、買い取り出すことで他の人に弾いてもらうことが出来た方がいいと思いました。買い取ってもらった5千円は、息子が帰省した時に渡し喜んでいました。

エレキギター、技術はもちろんだけど、まずは気に入るアイテムを選ぶこと!

高校生のころ、自分の女バンドを結成し、エレキギターを新しく買うことにしました。家庭教師の先生から譲ってもらったレスポールを使っていましたが、はっきりいって、壊れていたのです。弾いているうちに、チューニングがどんどんずれてくるのです。下手なうえに、これでは話になりません。自分のエレキギターは、甘えてますが、高校生だから親からお小遣いをもらい、2万円くらいで買おうとしました。同級生の実にギターの上手な男子と一緒に、お茶の水の楽器やへ行き、アドバイスを受けながら選ぶことにしました。デザイン的に派手なようなギターが欲しかったのです。ギターを持つこともひとつのファッションです。

自分でペイントするのもありですが、自分の技術がそこまで及んでないなあと思っていました。でも、エレキギター売り場を見ているうちに、黒で白いラインだけが縁取りのストラトキャスターが、とてもおしゃれだと見えてきました。ギター自体はシンプルで、しかも黒で引き締めて、派手にする部分は自分のファッションや、髪の毛の色でカラーを取り入れた方がよいかなと感じてきたのです。1本だけのギターですと、長く飽きの来ないものの方が妥当ですしね。それでも黒好きの私ですから、黒はとてもかっこよかったので、とても気に入って購入しました。

ただ一つの難点は、そのモデルはとても重かったのです。音のヘビーメタル用の、すごく重い音が出ます。楽器に負けないようなパフォーマンスをしたいが、重いとなかなか疲れます。その当時は、ギターにも重さがいろいろあるとは、気づかなかったので、どうにもならなくて。楽器買取をネットで売却しました。

ウクレレを購入しても上達せず、ネットの楽器買取に‥

50代後半の男性ですが音楽には昔から縁がなく、歌も下手なほうなのでカラオケにいくこともほとんどありません。ただし聴くのは好きなので音楽自体にはあごがれがありました。映画が好きなので主題歌もよく耳にしていましたが、雨に濡れてもという曲が流れてくるといい曲だなといつも思っていました。その曲はウクレレで演奏できるのでギターは無理でもなんとか自分でもできるのではとふと思いつきました。

早速アマゾンで調べたところ数千円で購入できる初心者セットがあったので、評判のよいAria Au-1というメーカー品を手に入れました。演奏前にチューニングが必要だということでトライしましたが、最初はうまくいかず変な音程で苦労しましたが、慣れてくると簡単にできるようになりました。

レッスンDVDが含まれていたので簡単なコードを弾こうと思いましたが、隣の弦にどうしても指が接触するので濁った音になります。ネットで調べたところ爪が長いのが要因だということを知り、深爪近く爪切りで切りましたが、これほど短くしたことがなかったので少し怖かったです。

雨にぬれても演奏できるまでには数年かかりそうですが、暇なときに練習をしています。困っているのは夜練習していますが、近所迷惑になるのであまり大きな音をだせないところです。もはや楽器買取店やネットの買取店で売却してしまおうか、とも。

シーケンサーYAMAHA QX-5を楽器買取屋で処分

今になって、少しだけ後悔していますが、私はこれまでいくてかの楽器を手放してきました。2, 3例をあげますとYAMAHAのキーボード「YAMAHA EOS」,カシオのキーボード「CASIO VZ1」、そして打ち込み用のシーケンサー「YAMAHA QX-5」です。私はこれまで、音楽製作やバンド活動など行い、インディーズでも自分のバンドのCDなど発売するなと、趣味の範囲で音楽活動を行っていました。一時期、仕事として音楽製作(作詞、作曲、アレンジ)などの仕事も請け負っていた期間があります。現在は音楽活動は停止状態です。

私の音楽活動の全盛期は部屋が、ほぼスタジオ状態でした。しかし、時代の変化と共に機材も発展し、パソコン上で全て賄える環境に変化しました。そのなかで私が過去に手放した楽器(機材)の中で、少し後悔しているのが、シーケンサーのYAMAHA QX-5です。手放したのは、既に20年前になります。渋谷道玄坂にあった楽器買取ショップのサウンドライクに売りました。確か5000円ほどで買いとっていただいたかと思います。

このシーケンサー、私が高校生の頃に、はじめて買ったシーケンサーでかなり、思いいれのある機材でした。今の機材やソフトからみると、機能的にはかなり劣ります。しかし味があるんですよ。今、手元にあったらビンテージ吸でしょうか。

学生時代のバンドで使っていたドラムセットを友人に売った話

私が専門学生の頃、友人3人でバンドを結成しました。私がドラム担当になったのですが学生だったためお金は当然無く、アルバイトで貯めた4万円程でドラムセットを購入しました。当時の音楽雑誌の裏表紙にあった安いメイペックスのドラムセットです。とはいえ初めて自分専用のドラムセットでしたので大変嬉しくて毎日叩いて練習していました。しかし練習していたのは実家の団地の自分の部屋でした。ですから案の定苦情が出て泣く泣くマイドラムセットを諦めざるを得なくなってしまいました。しかし捨てるのはもったいなくてしばらく自分の部屋に飾ってある状態になっていたのですが、ある日バンド仲間が自分たちの機材を置きっぱなしにできてしかも安いスタジオを見つけてきました。

それでマイドラムを自由に好きなだけ叩ける環境を手に入れたのです。そうなるとバンド活動にも力が入るようになりいつしかもっと良いドラムセットが欲しくなってしまいました。それで新しくて良い音が出る一流メーカーのドラムセットを購入することになり、これまで使っていたメイペックスの安いビギナーセットを手放すことにしました。そうしたら同じバンド仲間の友人が自分の部屋にドラムセットを置きたいと言い始め、結局彼に売ることになりました。なんと、3万円です。ボロボロの使い古したセットでしたので申し訳なかったのですが友人にとってはそれでも安いと思ったのでしょう。喜んで持ち帰ってくれました。いただいた3万円はパイステのライドシンバルに変わりました。

この値段は楽器買取店や、ネットのオークションで売るよりも明らかに高い額です。